自分だけが困るわけじゃない

家族も困る

入院して困るのが本人だけじゃなくて家族もです。

入院となうと用意が必要になります。
着替えに雑貨、使い捨て出来るものなどを買い揃えなくてはなりません。

その後はお見舞いもあります。
今は完全看護の病院が多いのですが、たまに違うところもあります。
家族の見舞いがないと病院スタッフから露骨に嫌な顔をされたり、入院している人も寂しい思いをします。

入院は本人だけの問題じゃないのです。
私が入院した時は洗濯物を持って帰ってもらって洗って持ってきてくれました。
そうしなきゃいけない状況だったんですが、仕事もある中本当に苦労を掛けたなと思っていました。
家族の助けもなくてはできないこともあるのです。

入院は家族に迷惑がかかるし、生活にも影響します。
自分のためにも家族のためにも入院より通院が選ばれるのはわかる気がします。

信頼度の低下

入院することにより迷惑がかかる人がたくさんいるのもまた事実。

それは家族だったり仕事仲間だったり取引先の人だったり。
残念ですが病気は待ってはくれません。
病気になってしまったら病院に行って治すしかないのです。

この時、入院を選択するか通院を選択するかで大きく違ってくるものがあります。
それは貴方の信頼度です。
入院して、短期間で一気に治るものもあれば長期間時間のかけて治す場合もあります。

時間がかかるからと長期休暇を申請するのは悪いことではありません。
ですが、休暇をとると人とのつながりは自然と薄くなります。
この薄くなった期間が貴方の信頼度を下げるのです。
なにかしら人とつながっていて初めて人は信頼するものです。
それを考えれば通院という選択肢が選ばれるのはわかります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る